プリンターのインクのおすすめの購入方法

プリンターのインクおすすめの購入の仕方とは

プリンターのインクはどんな種類があるか

プリンターのインクにはいくつか種類があり、大きく分けると純正品と社外品があります。更にそこから細かく分かれていくものとなっていて、それぞれに特徴があるので特徴を踏まえた上で選ぶとお金を節約することができます。機器のことを考えると純正品を選ぶのがよく、コストを重視するのであれば社外品を選ぶという形になります。純正品は品質面に優れていますがコストが社外品と比較をして非常に悪く、特に印刷枚数が多くなるほどその負担は大きくなります。それに対して社外品はコストの面では優秀ですが品質面では純正品に劣るものとなっていて、機器の故障の原因につながるということもあるので、どれだけリスクを許容することができるのかということで選ぶものを変えていくのが良いでしょう。

品質と性能をフルに発揮することができる純正品

プリンターのインクとして最も基本となるのが純正品であり、これはメーカーが販売しているものとなります。その機器が最も性能を発揮することができるように作られていて、品質に関しても社外品と比較をすると高品質なものとなっています。基本的に純粋な性能だけで見ればデメリットはなく、お金のことを抜きにすれば純正品を選ぶのが一番です。ただし、費用の問題というのが非常に大きくメーカーは本体ではなくインクによって収益を上げる仕組みを作っているため、純正品使用するとコストがかなり高くなってしまうことになります。それほど印刷をすることがないという人は、年間で見ればそれほど大きな負担にはなりませんが、頻繁に印刷をして交換をすることになると金銭的な負担は小さくありません。

コストが大幅に抑えられる社外品

プリンターメーカー以外が販売するものとして社外品があります。社外品には純正品のカートリッジを再利用したものであったり、同じように使うことができる互換カートリッジのものと、純正品のカートリッジにインクを詰め替えて使用をする詰め替用があります。互換品はそのまま差し込むことで使用をすることができるので、手間がかかりませんが詰め替え用よりは少し価格が高くなる傾向にあります。それに対して詰め替え用に関しては自ら詰め替えなければならないという手間がかかりますが、純正品と比較をして十分の一近くまでコストを抑えることができるものもあります。社外品の欠点は品質が劣ること、それによって問題が発生した場合にメーカーによる保証が受けられなくなるため、完全に自己責任というものになります。